記事

俺たちと一緒に!

番外編!二足のわらじを履く男☆


 俺たちと一緒に!番外編☆
 彼がやっと、満を持して登場してくれました~!!では、張り切っていきましょう♪

写真右。1人じゃ恥ずかしいって。同僚の子と一緒に!

💚こんにちは!龍ケ崎支店の朝日向大貴(22歳)です!!
僕は、ウォースペイントの営業マンとプロの総合格闘家として、二足のわらじで毎日頑張っています!

💛朝日向さんの二足のわらじ話、楽しみにしてましたよー!早速、お願いします。

💚僕の夢は、日本の団体で王者になって、海外で活躍することなんですけど、僕には大切な家族がいるので、 家族を守るためにウォースペイントでも一生懸命働いています!
ウォースペイントで働こうと思った理由は、会社の雰囲気が良さそうで、自分に合ってるな~と思ったのと、営業の仕事をやってみたかったからなんです。

ウォースペイントは土日も営業日なので、大会の時は有給をもらいます(笑)冗談で、正社員なのにアルバイトの朝日向さんって、会長に言われたりして。(笑) 会社のみなさんも、僕が格闘技をやっているのを知っていて、仕事も格闘技も応援してくれます!!


💛そうそう、この前、朝日向さんが大会に出ると話になって、試合用のパンツに会社の名前を入れようってことになり、ででーーーん!!「株式会社ウォースペイント」と会社の名前をこんなに大きく入れてくれました!!朝日向さん、ありがとうございました。


💚今回、試合用のパンツに会社の名前を入れたことで、「じゃあさ!ホームページにも出てね~!」って言われちゃいましたけどね♪

あ!!そーだ。僕の出ている団体は、GRACHAN! 所属ジムは、BRAVE GYMです!もう少し自己紹介。ウォースペイントの勤務歴は、1年と5カ月。趣味は、BBQとゲームです。特技は、デラヒーバーっていう柔術の技の一つです。格闘家をしているとスタミナがあるので、他の営業さんより走って行動できるし、体力にはけっこう自信があります!

僕が、ウォースペイントで働こうと思ったきっかけは、さっき話した通りで、自分に合いそうだなと思ったから。営業の仕事に就くのは初めてだけど、大当たり。
みんな明るくて、自分のことをすごくかわいがってくれて、すごくいい環境です。所属している龍ケ崎支店も、爽やかでエネルギッシュな支店です!

💛朝日向さんが、エネルギッシュだから龍ケ崎支店もそうなっていったんじゃないかな★ その、朝日向さんのエネルギーってどこから湧いてくるんだろう?エネルギーの源って何ですか?

💚朝から夜まで仕事をしながら、そのあとにジムに行って練習をしているんですが、どこからそんなエネルギーが出てくるのってウォースの仲間にも聞かれたことがあって。
僕は、強くなりたい一心で格闘技をやっていて、もうずっと習慣になっていて、自分からしてみれば、「もう!強くなりたいから、当たり前なんだよ!」って感じです!

もともとバスケをやっていて、格闘技は中学3年から始めて、高校生の時にプロになったんですけど、アマチュアの時も、プロになっても、対戦する相手ってやっぱり大人が9割くらいだったので、子供だからって言い訳できないし、言い方悪いけど、相手を落としたい願望(あくまでリング上で)がありました。
18歳の時に、怪我で1~2年格闘技ができなかったので、その分を取り返したいってゆうエネルギーもあると思います。僕にとって、総合格闘技は生き様なので、いつも全力で情熱を注いでいます。

💛今回、大会までの準備や練習、大会はどうだった?

対戦相手の方のプライバシーのため、かくさせてもらいます。


💚この前の大会は、6~7kgの減量で大変だったけど、絶対に負けないって気持ちで練習してました。結果はドローだったけど、次は必ず勝ちます!!

💛テレビで見てる世界だから想像でしかないけれど、とても厳しい世界なんだと思います。
そんな格闘技の世界で頑張ってる朝日向さんには、もう一つ夢があるんだよね~? 最後にそれも教えて下さい!

💚欲張りだけど、ウォースペイントでも叶えたい夢があって、茨城のエリアマネージャーになりたいんです!最近も、土浦支店がオープンして、自分が所属する龍ケ崎支店があったり、きっと、これからもっと茨城に支店がオープンすると思うので、エリアマネージャーを目指しています!目標にしている鍜治田次長と井出専務のもとで、今、いろんなことを勉強しています!

ウォースペイントは、日本一、お客さんに満足してもらえる会社だと思っているので、お客様に満足してもらえるような仕事を、僕は目指して、精一杯頑張っていきたいです!


💛二足のわらじ、どっちも大切で、どっちも全力の朝日向さん。
そんな彼が、お客様のお家に伺った際にはぜひ、「あ!ホームページに載ってる格闘技の人?」な~んて、声をかけてあげてくださいね。




© 2016 Six Apart